読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATOK キャンペーンが終了しました

9/2 より開催していた「ATOKでとにかく便利に変換したい!」キャンペーン。無事 9/29 に応募を締め切り、本日最後の当選者の発表をしました。

当選者の方の中には既に賞品が届いてダイアリーやハイクに書き込んでくださっている方もいれば、まだ発送待ちの方もいらっしゃいます。今回は ATOK も専門辞書も選んでいただけるようにしたのですが、その選び方が皆さん独特でバラバラで、賞品を準備するのにジャストシステムさんにがんばってもらっているところです。ので、まだ届いてない当選者のみなさま、ジャストさんへの感謝の気持ちを決して決して忘れずに、もうしばしお待ち下さいませ。

さてさて、かくいう僕も ATOK ユーザーなのですが、今回のキャンペーンでいろいろ知らない機能を学ぶことがたくさんあって勉強になりました。郵便番号から会社のめんどくさい住所が入力できるなんて!(id:kamiaki さんありがとうございます。でも郵便番号も覚えられないや)

誰かも書いていた気もしますが、ATOK って道具を使い込んでいく感覚がありますよね。

  • 最初は試しに長文を一気に変換してみたりして、あぁ、確かにちゃんと変換できるなぁ、と実感し、ひとまず常用する単語をどんどん登録していく
  • 履歴がたまっていき、省入力候補で補える変換が増えていく
  • たまにふとした機会に「あ、こんな変換できるんだ」と気づく場面があって、さらに使い慣れていき、入力スピードが上がっていくのを実感
  • 単語登録し忘れていたのを発見すると得した気分になったりする
  • 慣れてしまうとなかなか他には移行できないっすよ

そして、これは初めての方には少し取っつきにくく感じられることもある、はてなのサービスにも似ている気もします。記法とかね。


今回のキャンペーンは抽選ではなく、ジャストさんが全ての投稿に目を通して当選者を選出いただきました。「ATOK2008」というアカウントもありますが、中の方はそれぞれプライベートアカウントでも閲覧したりしていただいている様子。

ということで、最後は惜しくもプレゼントは逃したものの、個人的に良かったものをピックアップ。ハイクに偏っちゃったなぁ。ダイアリーも見てますよ。
取り上げたからといって別に何も当たりませんので悪しからず。

「あきらめ」と打ったところで「諦めたらそこで試合終了だよ」と励ましてくれたり

これいいですよね。何にでも使い回せそう。

  • 「かなしい」と打とうとしたところで「悲しんでたらそこで試合終了だよ」
  • 「おなかへった」と打とうとしたところで「食べてしまったらそこで試合終了だよ」
俺、ATOK買ったら、故郷のあの子にラブレター書くんだ……

ラブレター書く相手がいるだけで幸せなことです。これで CM 作れそう。

娘が正しい言葉を聞いてくることが減った。ATOKのせいだ。

これも。大人の階段のぼってしまったのですね。

こういうの大好きですが...、採用はされないだろうなぁ。

ATOKでとにかく便利に変換するよりも、ペンタブでとにかく便利にお絵かきしたい! こんな具合に屈辱的な文章も、とにかく便利に変換してくれます。

担当としてはどちらも分け隔てなく宜しくお願い致します。


キャンペーンに参加いただいたみなさま、ありがとうございました。又の機会をお楽しみに。