会長との思い出






それほど多くの時間を共に過ごしたとはいえないけれど、なんだか大きな喪失感があります。

さようなら。ありがとう。 - しなもん日記

ご冥福をお祈りします。

ビジネス契約書の起案・検討のしかた

#だいぶ前に書いた読書メモを転載

ビジネス契約書の起案・検討のしかた―リスク・マネージメントの道具としての

ビジネス契約書の起案・検討のしかた―リスク・マネージメントの道具としての

契約書とは

  1. (経済的)取引条件に関する合意内容の確認。
  2. 法が許容する範囲内で(「私的自治の原則」の範囲内で)法の原則的ルールを当方に少しでも有利に修正するための道具。

1に尽きるものであれば、申込書と承諾書の交換で済む。
契約書の作成・締結とは、基本的に、当事者間で生じることのあり得る紛争、トラブル、揉め事について、それが発生してしまってからでは円満な話し合いによる解決は不可能、困難であろうと想定される場合に、当事者間の自治的な対処策として、事前に当事者双方が納得できる紛争処理のための規範を条文化しておくということ。


契約書の文言の客観性の必要性

  1. 法律用語辞典、広辞苑にもないような文言の使用は不適切
  2. 当事者間で解釈にズレがある文言の使用は不適切
  3. 第3者が一読して理解できる内容に
  4. 文章中の用語は統一する

など。


契約条項の基本は「要件」と「効果」の明記

  • どういう場合に(要件)
  • どちらがどのような権利・義務を有する(効果)

を明記する。どちらかだけでは不十分。
例えば、「甲は、本契約に基づき乙が開発した試作機の評価を行う」だけでは、評価をした結果何なんだよ、という肝心な部分が記載されていないため意味無し。


契約書の起案・検討における注意点

取引の過程で揉め事になりそうなことを事前に想定し、その揉め事をどのように解決していくか取り決めておく、というのが契約書。よって、契約書の検討は広い意味でのリスクマネジメントである。その作業は下記の3段階に分けることができる。

  1. リスクシミュレーション
    • その取引において発生することが想定されるトラブルやリスクを洗い出す。ここで要求されるのは法的センスではなく、そのビジネスの実態についての知識に基づくビジネスセンス。
  2. リスクの「アセスメント」
    • シミュレーションにより想定されたトラブルやリスクの蓋然性と深刻さを評価・検討(アセスメント)する。
  3. リスクの(狭義の)「マネジメント」
    • アセスメントにより検討されたトラブルやリスクの蓋然性と深刻さに応じて、契約書上でどのように対処するかの対策を決定する。

の3つ。


弁護士に相談すべきこと・事前に説明すべきこと

弁護士による法的チェックも上記3段階の検討(リスクのシミュレーション、アセスメント、マネジメント)である。ので、その作業を可能にし容易にするための前提情報を提供する必要がある。具体的には次のような情報。

  1. そもそも自分の会社はその取引で何を得ようとしているのか、また、相手方には見返りとして何を得させようとしているのか
  2. その取引で自分の会社としては営業的に何が心配なのか
  3. その取引の諸々の取引条件の中で自分の会社としては営業的にみて交渉上譲れない一線とは何であり、どの辺にあるのか
  4. その取引の対象たる商品や役務はそもそもどのような商品や役務であり、また、相手方はどのような会社であり、したがってどういうトラブルやリスクが想定され得るのか

ビジネス契約書の起案・検討のしかた―リスク・マネージメントの道具としての

ビジネス契約書の起案・検討のしかた―リスク・マネージメントの道具としての

薄い財布 abrAsus を買った

f:id:yosuke:20130209232545j:plain
f:id:yosuke:20130209233413j:plain

  • カードは4-5枚しか入らない (自分の場合は、免許証、保険証、クレジットカード、キャッシュカード、名刺1枚)
  • 硬貨は合計15枚までしか入らない (500円x1、100円x4、50円x1、10円x4、5円x1、1円x4 = 999円)


  • もともとそんなにたくさんカード入れるタイプじゃないので、そんな劇的に薄くなった感はない
  • 硬貨を入れるスペースが小さかったり、お札・カードを出すときに必要となる動作がこれまでと違って独特なので、最初使いづらかったけど慣れてきた
  • 新しい動作に慣れてくると、これはこれで愛着を覚えて財布を開けるのが少し楽しみになったりする(今だけな気もする)

Kindle Paperwhite

年末に購入してやっぱりはまってる。

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

紙の本と比べて、

  • 片手でも本が読める
  • 暗くても本が読める

ことがよいし、iPad とかに比べて、

  • 本を読むこと以外できない

のがよいとおもう。

Kindle で売っている書籍は、必要なものは購入して、いますぐ必要じゃないものも Kindle にあればいつでも買えるだろうということで、たくさん処分した。

Dropbox に Markdown で書いたテキストをブログ化する「Scriptogr.am」

読書メモとか勉強ノートとかをまとめている wiki をそろそろ移設したくて、Dropbox で管理できて Markdown で書ける、ブラウザから閲覧できる、などの条件で探していたのだけど、近いものが見つかった。

日本語でもちゃんと書ける。あとは、

  • 閲覧ユーザー制限
  • 検索機能

がほしいところ。

で、そこまで考えて、それなら Evernote でいいんじゃ、って気がしてきた...。でも Evernote ってなんか書く気になれないんだよなあ...。

類似サービス

読書メモ

ソフトウェア開発者採用ガイド

ソフトウェア開発者採用ガイド

開発者以外にも当てはまることがけっこうあったと思う。

個人メモ

  • 優秀なプログラマとそうでないプログラマの生産性は、5倍も10倍も違う
  • それだけではなく、少数の優れたプログラマの代わりにたくさんの凡庸なプログラマを使うことの本当の問題は、いかに多くの時間をかけようとも、優れたプログラマの作り出すものが彼らには決して作れないことだ
    • サリエリが5人いても、モーツァルトのレクイエムは作れない
    • 凡庸なデザイナーが何人いても、ジョナサン・アイブの代わりにはならない
  • 履歴書に基づいて採用はしない、ふるい分けと順序付けに使うのみ
    • その前提で下記のような点をみる
    • 情熱を持っていること、選んでいること、英語ができること、頭が良いこと、選ばれていること、本格的であること、多様性をもたらすこと
  • 採用すべき人は
    1. 頭がよく
    2. 物事を成し遂げる
  • 頭がよいというのは「たくさんの事実を知っている」ことではない
    • そんなのは調べればわかる → 調べ方を知っているかどうか
  • 自分が関わった最近のプロジェクトについて、自由回答式で深く聞く
    1. 自分が関わってきたプロジェクトについて情熱を持っているか
    2. ジャーゴンを多用せず、相手に伝えることを意識しているか
    3. どのようにリーダーシップを発揮したか
  • マジックを見ないでマジシャンを採用したりはしない
    • プログラマならコードを書いてもらおう
    • 文系職なら何を実演してもらうのがよいだろう


下記も読んだけどこっちはそんなに参考にならなかった。でも人によるのかも。

人材を逃さない 見抜く面接質問50

人材を逃さない 見抜く面接質問50

  • 作者: キャロル・マーティン,岡村桂
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2008/04/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 56回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る

ノスタルジック

4ヶ月前に撮られた動画を見返したら、自分が喋っていることをまるで覚えていなくて、初めて見ているかのように楽しめた。1日に処理する情報量がどんどん増えてきているせいなのか最近はちょっと前のことをすぐ忘れてしまう。

ソーシャルなんたらが流行って自分に結びつくようなテキストや写真などなどを Web にアップするようになってくると、その蓄積としての過去の自分というのが、もっともインタレストマッチしつつ未知なコンテンツになるのかな、なんてことを考えてた。下記エントリとか My365 のヒットにも近いものを感じたりする。

このTimehopもそうだが、どうやらソーシャルメディア関連サービスでは「ノスタルジア」をキーワードにプロダクトの開発が行われ始めているのかもしれない。Facebook Timelineしかり、MementoやMomelaneなども同じような系列だと言える。「過去には振り返ってみるべき価値があることに、皆が気づき始めているんですよ」とTimehopの共同ファウンダーであるJonathan Wegenerは述べている。Timehopでは1年前のコンテンツのみを通知するようになっているが、それはTwitterにおける140文字制限のようなもので、それもあわせて利用者に楽しんで欲しいとWegenerは言っている。過去のコンテンツを楽しむための究極ツールとして発展していきたいとも述べている。

"4SquareAnd7YearsAgoがリニューアル。今回はTwitter、Facebook、Instagramにも対応 - TechCrunch"

コンテンツを貯めるモチベーションと見せ方が大事そう。